人間工学に基づいてデザインされた手のひらに馴染むR形状。 PSD12シリーズの設計は平成元年(1989年)にまで遡りますが、当時のライターは四角形状が多く、このようなR形状のライタ ーのデザインはとても斬新でした。

手のひらに収まりやすいこのR形状は、変形の真鍮絞り加工によってつくり出されています。今もなお根強いファンが多いサロメの代表的なフリントライターです。


1)手にフィットするR形状

人間工学に基づいてデザインされた独特のR形状です。サロメ創業者瀬川國治郎の発案をデザイナーが具現化した形状といわれています。

2)カーブした真鍮製の石押しバネ

カーブした丸い真鍮製の管が、やすりまで繋がっています。この管を外して発火石を交換します。ユニークなつくりです。

3)パイプに最適な斜めに出る炎

PSD12シリーズは炎が斜め方向に出ます。これでパイプボウルの中にも火を回しやすくなっています。蓋を開けていれば炎が出続けるので、じ っくりとパイプタバコを燃焼させることができます。

4)全周にあしらわれたデザイン

独特の形状にあしらわれたデザイン。均一な形状でないことから、PSD12シリーズはデザイン加工にも工夫が求められます。専用の治具が用意されて一点ずつ丹念に仕上げられます。





このたび、人気のパイプライターPSD12シリーズににシンプルなシルバー、ゴールド
そしてブラックマットの3種類が仲間入りしました。

PSD12-36 ブラックマットは近年日本で開発された安全性の高い高機能塗料の一つ、
自動修復塗装を使用してます。今までの塗装に比べ、日常生活で付く小傷(スクラッチ傷)を
軽減することが実感できます。お気に入りの道具を長く綺麗に使いたい、そんなあなたにお勧めです。
シガーダイレクトクラブメンバーなら、もちろん5%オフ!





PSD12-34 シルバーサテーナ


PSD12-35 ゴールドサテーナ


PSD12-36 ブラックマット


>>>その他のPSD12シリーズはこちら

サイズ:厚さ14mm × 幅35mm × 高さ60.2mm
重量:60g ガス容量:1.45g
着火回数:約240回 種別/燃料:フリントライター/ガス




Copyright(c) 2016 40%OFF! Cigar Direct All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。